1st digital single -Rock side- 
over〜幸せのその先で〜/時の果て-single edit-

収録曲
1.over〜幸せのその先で〜 2.one life 3.時の果て

over〜幸せのその先で〜

lyric &music K’S-J
  

君が隣にいる意味も 愛してくれた日々も分からずにいて
開かれたノートに想いごと散らかして 
疲れては眠りにつき消化して
当たり前に受け入れていた

あれもこれも欲しがる
つまり幸福か欠落
与えられては気づかず 
イタズラに今は過ぎ去る
分からなくなって 生きるほどに増えた傷も 
失ったものを埋めるカケラになってた

どこまで進めども終わらない道の
乾いた砂漠の果てもない心
死に場所を探して生きるような旅の
そばに咲いてくれた花のような君も…

愛しても 愛しても 愛しても
探した光は 無数にあるのも たった一つの大きな光も 
無くして生きたくはなかった

愛しても 愛しても 愛しても
届かない想いが 目の前の想いを忘れさせることも
哀しい答えも 何一つ手放そうとしないで 生きていくんだ

振り出したrany 絡めたら指に
故に二人一本の傘に 互いにやっぱ濡れちゃうね少し
分かち合えたこと それがあればいい

求めあって離れた 今でも惹かれ合った
答えなんていつも複雑に絡み合っていて
この手に余るほどの 希望なんてさ
映るほどに 残酷なもので

進めば戻れない道と分かっていた
進むたびにまた一つ置いてきた
それでもいつか眠りにつく日は
君のそば 選ばせてはくれないか?

愛しても 愛しても 愛しても
探した光は あまりに綺麗で あまりに淡くて
どこまでも光って 届かないものばかりで溢れた

壊しても 壊しても 壊しても
消えない笑顔は あんなに近くで 気づけず過ごして
失って初めて こんなずっと遠くのところまで 光っているんだ

得るため戦うことを選んで 気づいたら失ったものばっかで
何のためにここに居るんだろうとか 生きてきた意味も少し忘れて
でも思ったんだ 時に流した涙
君がいなくなった心の隙間 それさえ捨ててしまったのならば 
本当に何も残らなくなってさ
二度とは叶わない想いも 背負うほど苦しくとも
失ったこの場所で思い続けることできっと

愛しても 愛しても 届かない願いや
失っていくんだって分かってる
それでも無くさないで 例えば諦めたって
大切にしたくて そうやって生きていくことを選んだ

愛しても 愛しても 愛しても
探した光は 失った光も 手にした光も
全部が一つになる場所が自分だと思うんだ

ねぇ だから
僕はまだここを選んで 一人になって 痛みも抱いて
僕から去っていた大切な人も大切なままで
抱えきれないくらいの想いを
こぼさないようにとそのすべてを
何一つ手放そうとはしないで 光ってるんだ

 


生きていく中で 愛とか夢とか 人とか物とか 憧れや希望や
本当に何気ないことだとか。
そういう無数にある光を全て手に入れることはきっとできなくて。
そうだとしても大切であることには変わりなくて
俺はそういうものを簡単に忘れてしまいたくないから
悲しみや 寂しさも抱いて この場所で。

one life

lyric K’S-J
music ko-zy 

僕らの未来に光ってる光景 今日の一歩が昨日の一歩の肯定

try & error どんな明日が待ってるの?って笑う
描く未来を型どった every day every time
途方も無いような広がった理想も 
目の前の一つが重なったジグソーピースで

枯れるまで泣いた失態も
力に変え蹴るアスファルト
変えていけるのは自分しかない
希望ならそうここに 変幻自在
高鳴った心音 静めずにKeep on
No brakingでいっそ ぬける赤信号
見定める進行方向 どこまでも行こう
メーター振ってまだ上がってくスピード

向かい風を受けて飛べず過ごした日もある
でも翼に背負ってはまた遠くまで舞う
イメージを翼へ 世界の抜こうへ

空に向けのびる草花みたく
芽吹いたここから強く根付いて咲く
それぞれの色で 想いの力で
諦めないで 咲き誇れ right now!! each one life

try & error 向かえた今日も試練の連続で
描く未来を忘れそうな  every day every time
意味のないことは一つもないなんて
笑ってやれるのは 今を生きた未来 RE:every time

枯れるまで泣いた失態も
誰かに寄り添っていける音色 
変えていけるのは自分しかない
希望ならそうここに 変幻自在
高鳴った心音 静めにKeep on
No brakingでいっそ ぬける赤信号
見定める進行方向 どこまでも行こう
メーター振ってまだ上がってくスピード

向かい風で船が軋むような嵐も
立ち向かっていける強さで超え渡る
その帆を広げて 水しぶきあげて

どしゃ降りの雨に打たれた夜もある
でも過ぎれば七色に光り晴れ渡る
それぞれの色で 想いの力で
折り重なって 光り輝いた each one life

僕らの未来に光ってる光景 今日の一歩が昨日の一歩の肯定
僕らの未来に光ってる光景 今日の一歩が昨日の一歩の肯定

枯れるまで泣いた失態も
力に変え蹴るアスファルト
変えていけるのは自分しかない
希望ならそうここに 変幻自在
高鳴った心音 静めずにKeep on
No brakingでいっそ ぬける赤信号
見定める進行方向 どこまでも行こう
メーター振ってまだ上がってくスピード
って!限界はないさ ぶち壊すlimit!!!!

向かい風を受けて飛べず過ごした日もある
でも翼に背負ってはまた遠くまで舞う
イメージを翼へ 世界の抜こうへ

空に向けのびる草花みたく
芽吹いたここから強く根付いて咲く
それぞれの色で 想いの力で
諦めないで 咲き誇れ right now!! each one life

立ち止まった時に苦しい想いは
まだ君が進もうと願う想いだから
咲き誇れ right now!! each one life

僕らの未来に光ってる光景 今日の一歩が昨日の一歩の肯定
僕らの未来に光ってる光景 今日の一歩が昨日の一歩の肯定

枯れるまで泣いた失態も
力に変え蹴るアスファルト
枯れるまで泣いた失態も
誰かに寄り添っていける音色 


K’S-J初の応援歌です!
どちらかといえば、自分を投影してみんなの力になれたら、と
自分目線で歌詞を描くことが多いのですが
聞いてくれる人に、と強く意識して作った曲です!

 

 

←Back
Next→
Download

 

 

 

PAGE TOP